WordPressにログインできない!?データベースサーバーの容量が足りない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WordPressにログインできない!?データベースサーバーの容量が足りない?

ログインできない時は「パスワードのリセット」を試す

先日、当サイトを更新しようと思ってWordPressの管理画面を開いてログインしようとしたら、なぜかできませんでした。
パスワードの変更をした覚えもなく、おかしいな?と思いながらアレコレと試しました。

症状としては
・問題なくログイン画面が表示される
・IDとパスワードは間違えていない
・ページ上にエラーが出ていない
というもので、もしかして乗っ取られた???と大変あせりました。
結果的には乗っ取りではなく、ある原因が元でログインできなくなっていました。


これと似た症状の時に試してみて欲しいのが「パスワードのリセット」です。
パスワードは絶対に間違えていないし、IDも合っているので、リセットを試さずにあれやこれやと調べては試しを繰り返していましたが、パスワードのリセットを試した事で原因を特定する事ができましたので、是非一度試していただきたい。

原因を特定する事が出来たのは、パスワードのリセットを試した時に
「データベースパスワードのリセットキーを保存できませんでした。」
という文言が表示されたからです。
もしこの文言が出ない方は、こちらの方法では問題解決のお役に立てないかもしれません。

この文言が出たということは何が起きているのかというと、データを書き込むことができなかったという事なのです。
データを書き込むことが出来ない=保存ができない…
保存ができない状態なので、新しいパスワードを作って保存する事が出来なかった、という現象が起こっているよ。という事なのです。

ではなぜ書き込めないのでしょうか。
それは情報を新たに書き込む容量が無いからです。つまり容量一杯でパツンパツンという状態です。
書き込む場所がなければ、「もう無理限界・・・」となるのも納得です。

データベースの容量を増やそう

データを保存するための空き容量がない。という事なのでこれはもうデータベースの容量を増やすしかありません!
早速弊社の担当へ確認してもらった所、容量がいっぱいで、パンパンになっていたという確認も取れました。
その後アレコレと操作してもらって、無事に復旧する事ができました。

データベースの容量を増やしたい、Webサーバーの利用可能容量を増やしたいという場合は、契約しているレンタルサーバー屋さんへ問い合わせてみてくださいね。

それにしてもデータベースの容量というのは盲点でした。 WordPressを使って記事をどんどん更新して、説明用に画像を貼って・・・という積み重ねで、知らない間に容量がいっぱいになっていた・・・というケースはこれからも考えられます。
容量を増やした所で上限が増えただけなので、いづれまた書き込めないという事態に陥ると思いますが、この経験から「容量を確認しよう」と考えられるようになったので、次はもっとスムーズに復旧できそうです。

記事が増え続けるので根本的な対策は難しい

情報を増やすという事は、Webサイト全体の容量が増えるという事です。
WordPressに限らず、古い情報を残しつつ新たに情報を増やし続ければ、それだけデータ容量が必要になってきます。容量には限度がありますので、注意が必要ですね。

ちなみに文章だけの記事であれば、データ容量は大きくなりません。
そこに付随した写真(画像)が容量を大きく消費します。
最近はスマホで気軽に撮影した写真でも平気で数十MBとか使うので、バシバシ撮って、バンバンアップしていくとスグに容量オーバーとなるかもしれません。

写真を沢山載せて、リッチなコンテンツを作りたい!と考えている場合は、Webサーバーの容量を考えて、プラン変更を検討されてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県内地域別ホームページ制作実績

弊社は、新潟県長岡市を中心に新潟県内全域に対応しております。
ホームページ制作・Webデザイン・インターネット戦略のご相談は、株式会社アテンドまで。

CONTACTお問い合わせ

ホームページ制作に関するご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

※ブログ記事に関するご質問はお答えしかねます。

TEL:0258-31-5005FAX:0258-37-7301