Word、Excelの文章をコピーしてホームページの更新は危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordやExcelはHTMLやCSSを持っている

文章作成や表作成など、パソコンを使った作業でお馴染みの「Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)」や「Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)」ですが、これらのソフトを使って作成した文章は、表面上からはわかりませんがHTMLやCSSを持っていることもあるんです。

ブログの更新をする為にWordを使って下書きをする方も多いかと思います。
文章の校正機能もありますし、ファイルを残しておけばバックアップにもなるので意外と便利です。

Wordを使って文章を作って、さてブログに乗せよう!と意気込んでコピー&貼り付け・・・
「なんだか書体や文字サイズがおかしい・・・」

なんて経験ありませんか?
それはWordが持っているHTMLとCSSが一緒に張り付いてしまっているからなんです。

コピーして更新画面へ貼り付けるその前に、ひと手間加えてみましょう

ブログの他に、弊社で提供している「かんたん更新プログラム W.U.P.」を使ったホームページ更新など、HTML編集ができるホームページ更新機能へWordやExcelの文章をコピーし、そのまま貼り付けをするとHTMLとCSSも一緒に張り付いてしまうので、表示がおかしくなったり、書体や文字サイズが他の部分と異なったりと、なにかと厄介なことになることがあります。

ですが、文章をコピーしてそのまま貼り付ける前にひと手間
メモ帳に貼り付けて、メモ帳に貼り付けた文章を再度コピーしてから、ホームページ更新用の画面へ貼り付けるようにしてみてください。
するとHTMLとCSSがコピーされることなく、更新できるのでおすすめです。

他のブログ記事やWebページからのコピーも同様

過去に書いた記事や、自分で管理しているWebページなどから文章を引用する事もあるかと思います。
そこからコピーした場合も、HTMLとCSSを一部持ったままコピーされてしまう事もあります。
この場合もそのまま貼り付けてしまうと、Webページの表示がおかしくなってしまう原因になるので、メモ帳に貼り付けるひと手間を加えるようにしましょう。

まとめ

・「Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)」や「Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)」で作成した文章にはHTMLやCSSが含まれる場合がある
・WordやExcelで作成した文章をコピーしてそのまま貼り付けると、HTMLとCSSが一緒に張り付くので表示がおかしくなることがある
・含まれているHTMLやCSSは表面上からはわからない
・メモ帳に一度貼り付ける手間をひとつ加えると解決する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加