ホームページと紙面で異なる!?写真のカラーモードについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページと紙面では色の再現方法が異なる

色には3原色というものがあり、「光の3原色・色の3原色」なんて聞いたことありませんか?
美術の授業で教えてもらったアレです。

光の三原色はR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)が使われ、
色の3原色はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)が使われます。
それぞれの色を混ぜ合わせて様々な色を作りだします。

ディスプレイなどの光を発する物に色を付けるには「光の3原色」
印刷物など、インクを使って色を付けるには「色の3原色」が使われ、それぞれ色の再現方法が異なります。

C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)はプリンターのインクで使われているので、馴染みのある色ですね。
理論上はCMYの3色を混ぜると黒になるはずですが、実際にやってみるとどんどん濁った灰色になり、一般的にイメージされる黒にはなりません。ですので、K(クロ)を足してCMYKの4色が使われています。
黒だけ日本語なのは謎です・・・きっとBlackにしてしまうとBlueと間違えるからKUROのKになっているんだと思います。

更に加えて、LC(ライトシアン)LM(ライトマゼンタ)などのインクを使ったプリンタも多く販売されています。これらは色合いが薄くなりますが、どちらもCMYの基本となる3色の内の2色です。
シアンや、マゼンタは色合いが濃く、色を混ぜ合わせる時に目立ってしまう場合があるので、薄めのライトシアン、ライトマゼンタを使って淡い色合いを再現させたりしています。

RGBとCMY、3原色といっても、それぞれで色の種類が異なりますよね。
RGBで作った色合いをCMYで再現したり、逆にCMYで作った色合いをRGBで再現すると、それぞれの原色が異なるので色合いが変わってしまいます。
ですので写真やイラストを作成してパソコンのモニターに表示させる場合と、印刷する場合とでは、カラーモードをそれぞれ適する設定に変更してあげる必要があるんです。

Photoshopを例にあげると「イメージ」→「モード」から変更ができます。

ディスプレイへの表示はRBG

RGBの3原色混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づき、「加法混色」と言われています。
ベースの色は黒で、そこにそれぞれの色を加えて色を付けていきます。
ホームページへ使われる写真やイラストなどの画像は、RGBカラーを使いましょう。

印刷物への印刷はCMYK

CMYKは混ぜるほど色が暗くなり、理論上は黒色に近づきます。「減法混色」と言われています。
白の色味は印刷する用紙に依存するので、用紙の色以上に白く着色することはできません。
印刷する場合にはCMYKを使います。

カラーモードによる発色の違い

次の写真はカラーモードを変更したイメージです。
左がRGB、右がCMYKでカラーモードを設定してみました。

※ちなみに写真は新潟市のシンボル、万代橋です。

どうでしょう・・・
とても分かりにくいですが、よく見ると左右で色合いがちがいませんか?
特に空の色合いが変わってきます。

逆に印刷物に使う写真をRGBにして印刷した場合も同様のことが起こり、色合いが変わってしまいます。
これはRGBカラーとCMYKカラーとで再現色域が異なるので、どうしても避けられない現象なんです。
ですので自分で気を付けて設定してあげるしか、回避する方法がありません。カラーモードの設定は充分に注意するようにしましょう。

印刷屋さんへの入稿時には注意

写真を使った広告や紙面を印刷屋さんへ入稿する際の印刷データ作成や、写真の色の調整はパソコンを使って作業されるかと思いますが、これまでで説明した通り、パソコンのモニターと印刷物とでは色の再現方法が異なるのでどうしても色合いに差がでてしまいます。これはパソコンのモニターでの表示はRGBを使うので仕方のない現象です。
また、ディスプレイ毎の設定によってもモニターへ表示される色合いも変わってしまいます。もしその設定のまま、写真の色合いを補正して、モニターにイメージした通りの写真が表示されていたとしても、カラーモードやディスプレイの設定の影響で印刷した時に発色が変わってしまいます。
補正後の色合いについては必ず印刷して、確認するようにし、カラーモードにも十分注意するようにしましょう。

デジカメで撮影したデータは基本的にはRGB

デジカメで撮影したデータは基本的にはRGBです。印刷物に使う場合、取り込んだ写真を補正する前に必ずRGBからCMYKへカラーモードを変更しましょう。

まとめ

・色には3原色というものがあり、「光の3原色・色の3原色」がある
・光の三原色はR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)
・色の3原色はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)
・ディスプレイへの色の再現はRBGが使われる
・印刷物への色の再現はCMYKが使われる
・カラーモードが異なると思ったような色合いにならないので注意が必要
・デジカメで撮影した写真はRGBになっている
・印刷屋さんへの入稿時にはCMKYであることを必ず確認する

新潟県内地域別ホームページ制作実績

弊社は、新潟県長岡市を中心に新潟県内全域に対応しております。
ホームページ制作・Webデザイン・インターネット戦略のご相談は、株式会社アテンドまで。

CONTACTお問い合わせ

ご相談やご質問、ご要望などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0258-31-5005FAX:0258-37-7301