各種主要ブラウザ3種のサポート期限について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットに接続し、ホームページを見るのに必ず必要となる「インターネットブラウザ」
主要なものでは「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)」「Firefox(ファイアフォックス)」「GoogleChirome(グーグルクローム)」がありますね。
Mac製品を使っている方なら「Safari」がプリインストールされているので、利用されているのではないでしょうか。
他にもたくさんのインターネットブラウザが提供されています。たとえばVivaldiとかKinzaとか・・・

これらのソフトウェアにも「サポート期限」が設けられていることはご存知でしょうか。
数年前にWindowsXPのサポート終了が話題になったり、今年ではVistaのサポート期限が終了しました。これらOSのサポート期限は話題に上がりますが、インターネットブラウザのサポート期限はあまり話題になっていないような気がします。
サポートの終了と同時に利用ができなくなる・・・わけでもないのであまり緊急性が感じにくいのかもしれませんが、実はかなり危ない状態になります。

サポート期間中は不具合の修正はもちろん、セキュリティ面で脆い部分を見つけた時の修正や、コンピューターウイルス等の悪意のある攻撃からある程度守るような更新がかかります。
期間が終了するとこれらが全く受けられなくなってしまうんです!
それはインフルエンザウイルスのまん延する部屋に予防接種もせず、マスクすらない状態でずーーーーっと居るようなものです。
運が良ければ感染しませんが、こんな状態なら確実といっていいくらいの確立で感染しますよね?

インターネットブラウザのサポート期限の終了はいつなのか気になってきましたでしょうか。
それではInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)から見ていきましょう。

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
Internet Explorer(以降IE)の最新はIE11です。最新バージョンはもちろんサポート期限中ですので安心ですね。
Windows7を利用している方はOSのサポート期限終了となる2020年1月14日までとなります。OSも一緒にサポートが受けられなくなるので、その時期に買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。
以前の古いバージョン・・・IE10以前(IE10,IE9,IE8,IE7)のサポートは2016年1月13日に終了しました。
もしIE10以前を利用の方がいれば、早く更新してご利用ください。

Firefox(ファイアフォックス)
このインターネットブラウザは常に更新がかかり、古いバージョンが残りません。なのであまり気にせず利用できますが、WindowsXPとVistaのサポートは2017年9月に終了します。
これらのOSはすでにサポートが終了しているので仕方ないような気がしますね・・・
OSもソフトウェアもセキュリティ面でかなり危険な状態になるので買い替えの検討が必要ですね。

GoogleChirome(グーグルクローム)
こちらも常に更新がかかるので、基本的には最新バージョンでの利用が可能です。
但しOS毎にサポート期間が設けてあるので、注意が必要です。
WindowsXPは2014年4月8日に、Vistaは2017年4月11日に終了しています。
OSのサポート終了と合わせた期間ですね。

早目の対策、予防が必要
インターネットブラウザの利用に関してもサポート期間があります。
サポート期間が終了した直後からウイルス感染してしまう!なんてこともなかなかないとは思いますが、それでも危険な状態です。
あまり重要な情報は入力しないから・・・とかインターネットは時々短い時間しかつながない・・・とかそういう問題ではありません。
ウイルス感染は一瞬にしてインストールされてしまいます。
その結果、あなたの利用しているパソコンを踏み台にして悪質な攻撃に利用されてしまう場合もあります。
悪質な攻撃のあったルートを辿っていくと、あなたのパソコンにたどり着いてしまい、犯人と思われてしまうなんてことも十分あり得る話なんです。
またウイルス感染しているパソコンにUSBメモリーを繋いだ時、USBメモリーがウイルス感染し、次につないだパソコンにもウイルスが感染する・・・なんて被害も時々耳にします。

こうしたサイバー犯罪は年々手段が巧妙化しています。昨日まで使えた対策方法も今日には使えなくなっているなんてこともよくあります。
少しでもセキュリティに穴があれば、そこからウイルスは入ってきます。
どこから侵入されるか、目で見てもわかりにくいので対策が難しいですが、OSやソフトウェアは常にサポート期間中の物にしておいたり、正しい知識と危機意識を持って、慎重に扱うといった事が重要になってきます。

まずはあなたが今このホームページを見ているパソコンや端末からチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加