Yahoo!ショップ構築について(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ショップのデザイン変更など、作業していて気が付いた事

編集モードは「通常モード」を選ぶ
独自の検索窓を設置する
サブメニュー内の商品カテゴリに画像を適用させる
文字色変更について
フリースペースの入力欄を設定する
商品コードは最初にしっかりと決める
会社案内などの既存ページにはコンテンツを追加できない
カートでの送料表示は設定の確認が必須

編集モードは「通常モード」を選ぶ

ストアエディタ基本設定から、編集モードを「かんたんモード」か「通常モード」を選択できるようになっています。
一見すると、かんたんモードの方が操作がラクのように思うかもしれませんが、実はそうではありません。
編集する項目や設定できる部分に制限がかかるので、開店に必要ではない部分を編集する事なく、必要最低限の項目を編集し、スピード重視で公開する事ができるので初心者にはオススメのモードですが、かゆいところに手が届きません。

パーツを入れ替えたい、設置を変えたい、オリジナルのテンプレートを作りたい・・・こういう場合には「通常モード」に切り替えての作業が必須です。

独自場所にストア内検索窓を設置する

ヘッダーやサイドナビには「検索窓」を設置するパーツが用意されています。
ですがメインとなるコンテンツや、フッターには、レイアウト設定から検索窓を設定する事ができません。

どうしても用意されている箇所以外に検索窓を置きたい場合、ヤフーショッピング独自タグを利用して設置する方法があります。

横並びを使いたい場合は<!–Y store_search:type=b –>
縦並びを使いたい場合は<!–Y store_search:type=a –>

これらの独自タグをフリースペースなどに書き込む事で、ページ上に表示させることができます。
後はフリースペースの位置をレイアウト設定から変更してあげれば、思ったような位置に動かす事が出来るはずです。

サブメニュー内の商品カテゴリに画像を適用させる

各商品カテゴリの編集画面から、サイドナビ画像を設定する事ができます。
ですがこれだけで完了ではありません。
ストアデザイン→サイドナビ→ストア内商品カテゴリにあるパターン選択より「タイプ3」を選択して適用しなければなりません。

このパターン選択は、どういう見た目にするのかを制御している部分です。
タイプ3は、画像のみを適用させるものになるので、サイドナビ画像に設定した画像が出てくるというわけです。
他にも様々なタイプが用意されているので、適用させてみて、イメージに合うかを試すのもいいかもしれません。

文字色変更について

特定の部位のみをまとめて色変更させることはできません。
フリースペースなどで自身が入力した文字であれば、タグで囲い、CSSを直接書き込む事で色を変更する事ができますが、商品一覧や商品詳細などの「0,000円と表記されている場所だけ色を変えたい」とか、そういった細かい変更は設定されていません。
色の変更は一括になりますが、テキストカラー・リンクカラー・価格カラーなど、全体の設定画面より設定する項目が用意されています。

フリースペースの入力欄を設定する

トップに関して、初期ではフリースペース1しか設置されていません。
管理画面上からフリースペースの書き込み欄が複数ありますが、レイアウト設定から配置してあげないと、ページ上には表意させることができません。
なので、フリースペースを使いたい場合は、レイアウト設定からフリースペースが配置されているのかを確認する必要があります。

商品コードは最初にしっかりと決める

商品登録の時に必須になる項目です。
一度設定すると、後から変更ができません。

なので商品登録を行う際には十分に協議して、決めるようにしましょう。
あらかじめ商品コードが割り振られている商品であれば、そのまま使った方がいいかもしれません。
また商品コードは同一のものを複数登録させることができないので、その商品独自のコードである必要があります。

適当に設定すると、期間を空けて商品を登録するような事になった時、ルールが分からなくなってしまいます。
他に管理用のExcelファイルを作っておくなど、商品管理には注意しましょう。

会社案内などの既存ページにはコンテンツを追加できない

最初から用意されているページについて、編集項目はあるものの、ページの内容を編集する項目は設定されていません。
写真を足したい・バナーを貼りたい・独自のコンテンツをつけ足したい・あいさつ文を書きたいなど、そういった場合には別途フリーページを設け、そこで行うようにしましょう。

カートでの送料表示は設定の確認が必須

ストア構築→カート設定→配送方法、送料設定にある、「カートでの送料表示」
これが初期では「一律0円で表示」が適用されています。
いくら送料設定を細かく、正確に行っても、ここが初期のままでは送料が表示されません。

なのでこの項目の変更は必ず行う様にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加