リンクは別タブで開くべきか?使い勝手を考えて決めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンクを別タブで開く事で起こる問題

自身のWebサイトから他サイトへのリンクを設置する場合、「自分のページに戻って来やすいように」という考えから別タブでリンク先ページを開くのが一般的でした。もちろん今でもパソコンでWebサイトを見る場合には、別タブで開いてくれた方が閲覧しやすいと思います。

ですが新しいタブで開くと、その新しいタブでは戻るボタンをクリックして、リンクを押す前のページに戻れなくなります。
これによって「前のページに戻りたいけど戻れない」という混乱を招いてしまいます。
もちろん新規のタブで開いているだけなので、切り替えれば戻れるのですが、Webサイトの閲覧に不慣れな方は必ずといっていいほど混乱するでしょう。

スマートフォンの普及に伴って操作性が変わった

今やほとんどの方がスマートフォンをお持ちかと思います。
いつでも手軽にWebサイトを見る事ができるので、とても便利ですが、パソコンとは操作性が異なります。

特に使いやすい機能が「戻る操作」です。
画面をスワイプする事で、前のページ、次のページといったように操作が簡単で、より直感的になりました。

逆にわかりにくい操作が「タブを閉じる操作」です。
パソコンのブラウザと違って、タブボタンがありません。
どこからタブを閉じるのか、いくつのタブを開いているのかがパソコンと比べるとわかりにくくなっています。
タブを確認するボタンが分かっていれば、どんなWebサイトを開いているのかが一目で確認できるのでとても便利なのですが、わからなければ延々と別タブで開き続けて、挙動が遅く感じるかもしれません。
新規のタブで開くという事がわからないと、100個とか開いてしまうかもしれません。

前に見ていた画面を出したいから「戻るボタン」を操作をする

タブで開けるようになった事で、WebサイトAを見ながら、WebサイトBも同時に開き、それぞれで戻る・進むという操作をできるのでとても便利になりました。
限られた画面のスペースを有効に活用できる方法だと思います。

ですが前に前にと、戻ってこれるために「戻る」ボタンを操作するので、「同じタブで開くべき」という考え方もあります。
特にスマートフォンでの操作の場合、リンクを押してWebサイトを確認して、欲しい内容と違ったから戻る。という操作を頻繁に行います。
その時にいちいち新規のタブで開いていては、「タブを表示するボタンを押して、閉じたいタブを選んで、×で閉じる」という3ステップが必要となり、テンポが悪いのです。これがなかなか面倒くさい・・・

こうした使い勝手を考慮すると、同じタブで開いた方が便利なような気もしてきます。
そういえばGoogleなどの検索サービスを使うとき、検索一覧からリンク先のページが同じタブで開きますね。

こうした観点から考えると、新規タブでページを開くのは控えた方がよさそうです。

PDFリンクの場合は新規タブの方がいい

PDFを開く場合はページではなくファイルという認識があるのか、戻るという概念が薄まります。
自分もよくやるのですが、同じタブでPDFを開いて内容を確認・・・読み終わったので閉じるを押したら前に開いていたページに戻れなくなった!!なんてことがあります。
このような現象を防ぐ為にもファイルのリンクは新規タブで開く方が、操作性がいいかもしれません。

まとめ

使い慣れた方なら、新規タブで開いた方が使い勝手は良いです。
Webサイト毎にタブで開いて、戻る・進むが操作できるので、わかりやすいと思っているのですが、中には戻るボタンを押しても戻れなくなった!と混乱してしまう方もいるでしょう。

Webサイトを見るシーンを想定すると、新規タブで開くのか、同一タブで開くのかを考える要素になります。
自身のWebサイトの場合は同一タブでのページ遷移一択ですが、他サイトを開く場合は操作性についても考慮する必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県内地域別ホームページ制作実績

弊社は、新潟県長岡市を中心に新潟県内全域に対応しております。
ホームページ制作・Webデザイン・インターネット戦略のご相談は、株式会社アテンドまで。

CONTACTお問い合わせ

ご相談やご質問、ご要望などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0258-31-5005FAX:0258-37-7301