時々耳にする「ランディングページ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの商品・サービスの販売に特化した一枚のWebページ

ランディングページ・・・ホームページとどう違うの?と思いませんか?
どちらもインターネット上に掲載されるページなので、本質的には同じものなので混乱します。
そんなランディングページ、通常のページと大きく異なるのはその「用途」です。

ランディングページは、ネット広告やリンクをクリックした時に表示されるWebページ全般を指す言葉ですが、一般的には一つの商品・サービスを販売することを目的とした、一枚の長いWebページの事を指します。LP、ランペなどと略して呼ばれることもよくあります。

ランディングページは、インターネットで売り上げアップさせるための重要な要素です。成功の可能性を秘めていますが、適切な使い方をしなければ満足のいく成果は得られません。

広告やリンクの先にランディングページを作成する

ランディングページは、リスティング広告などのネット広告やリンクからの移動先として作られている場合が多くあります。
YahooやGoogleといった検索エンジンでの自然検索からは公式サイトへ移動させ、有料で出せる広告にはランディングページを用意します。
どちらも検索結果からのページへ来てもらう事になりますが、広告の内容によって見に来てくれる方を絞り込むことができるので、サービスを必要としていたり興味のある人を自分のランディングページへ誘導する事ができます。

何故広告と自然検索のリンク先を変えるのでしょうか・・・
広告スペースでも、自然検索でも、同じ公式ページへ誘導しても効果が変わらないと思っていませんか?それは大きな間違いです。

実店舗で売り上げを上げるには、お客様に合わせた接客を行う事が重要ですよね。
インターネット上でもそれは同じです。

インターネット上で接客をしようとしても難しいですよね。
チャットを設置して、常時パソコンに張り付いている・・・なんて方法もあるかもしれませんが、実現は難しいです。
そこで有効なのがランディングページです。

広告の内容を見て興味を持った方に限定してランディングページへ誘導できるので、広告の出し方次第でお客様を絞り込むことができます。
なのでお客様のニーズを捉えやすくなり、その方に最適化させたページを作りやすくなります。
自然検索からでは様々な方が見に来てくれるので、広く浅い作りになってしまいがちですが、これなら特定の方に向けて、深くページを作り込むことができそうです。

また、ランディングページは一枚の長いWebページなので、ページ遷移の必要がありません。
なので様々なページが気になってしまい、その商品・サービス情報から離脱してしまう・・・という事が起こりにくいです。

さらに特定のお客様に対してサイトを最適化しようとした時に、通常ページの場合だと大がかりな作業に発展してしまう場合が多くありますが、ランディングページなら費用を安く抑えられるケースが多いです。
また1ページ構成になっているので、成果が出ない時に原因を探しやすく、改善も比較的容易です。

ランディングページは目的によって掲載すべき内容が異なる

特定のお客様のニーズにそれおぞれ応えるためにはページを最適化しなければなりません。
なので商品・サービスの「特性」や「目的」によって、掲載する情報を変える必要があります。

例えば商品販売を目的としている場合・・・
ネット上では手に取って商品を見る事ができません。
なので商品の写真や情報、効果や使用シーンなどを紹介する情報が多めになります。

またエステや写真撮影などのサービスを販売したい場合には、写真のイメージが重要となります。
もし写真よりも説明文だらけになってしまっては、魅力が伝わらないので効果がなさそうですね。

このように商品・サービスの「特性」や「目的」に合わせて、その商品・サービスの魅力が十分に伝わる情報を掲載します。
インターネット上だけでは実際に手に取って見たり、実際に行って見る事ができないという弱みがあります。それを補うためにランディングページには様々な情報が掲載され、一般的なWebサイトの1ページと比べると長くなる傾向にあります。

効果の出るランディングページを作成するには、特定のお客様に対して最適化させる必要があります。
なのでお客様がどういった物に興味を持つのかといった分析や、どういった年代の方を想定するのかといった戦略が必要になります。

とりあえずあればいいや・・・と軽視して作ってしまうと、せっかく予算を使って広告を打っても、移動先のランディングページの作りが考えられていない為に顧客獲得につながらない・・・といった残念なケースに陥ってしまいます。
ランディングページを作成する際には、しっかりと商品・サービスの強みや弱みを分析し、成果のでるランディングページを作成しましょう。

まとめ

・一つの商品・サービスを販売することを目的とした、一枚の長いWebページのことを指す
・商品・サービスによってページを最適化させて作り込んでいく
・広告からのリンク先としてランディングページを用意する
・広告からの流入に限定できるので、ユーザーに最適化させたコンテンツを作りやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県内地域別ホームページ制作実績

弊社は、新潟県長岡市を中心に新潟県内全域に対応しております。
ホームページ制作・Webデザイン・インターネット戦略のご相談は、株式会社アテンドまで。

CONTACTお問い合わせ

ご相談やご質問、ご要望などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0258-31-5005FAX:0258-37-7301